今からでも遅くない?保育士になる方法とは

保育士とはどんなもの?

保育士とは国家資格を有したものです。保育所で働いている人を指しているわけではないです。資格を持っていない保育補助の人たちも保育所では多く働いています。そして、保育士の資格をとるにはどうすればいいのかというと、大まかには二つあり一つは学校に行くことです。教育学部や保育学科などのある大学や短大、専門学校にいき決められた課程を修了することによって資格を得られます。もう一つは保育士試験を受験して合格することによってなれます。保育士試験は筆記と実技の試験があります。ただ、こちらは受験資格があったり、幼稚園教諭免許を持っている人は免除される科目があったりするので受験をする予定の人は保育士試験のサイトをしっかり読んでみてください。

保育士の働き方とはどんなもの

保育士の資格を持っている人たちってどういったところで活躍できるのでしょうか。一番に思いつくのはやはり保育所だと思います。保育所といっても様々な種類があり、認可保育所や認可外保育所、病院内保育施設などいろいろあります。また、私立の保育所や公立の保育所となると待遇や働き方も少し変わってくるので自分の働きやすいところを選ぶ必要があります。他にも、ベビーシッターや放課後児童クラブなどでも保育士の免許を持っていると働きやすいです。

保育士のやりがいとは

やはりなんといっても子どもたちが成長していく姿は喜びです。出会ったときはハイハイしかできていなかった子どもたちが、一人でご飯を食べれるようになり、会話ができるようになっていくなど人間が成長していく過程をたくさん見れるというのは面白いですね。子どもが好きな人にはもっこいの仕事だと思います。

保育士の求人なら神奈川が大変豊富で、勤務時間や給料をはじめとした様々な条件を比較し、こだわりを持って探せます。