専門学校で保育について深く学んで資格も取る!

専門学校で保育士に!

保育士の資格を取る方法はいろいろありますよね。高校を卒業した人なら、保育士の専門学校に入ることが可能です。短大と連携を強化しているところなら、コースによっては幼稚園教諭の免許とダブルで資格を取ることもできます。保育士資格だけだと仕事先は保育園中心になりますが、幼稚園教諭として働く道もあれば、今後増えていくことが予想される認定こども園の職員という道も開けますね。認定こども園は、保育士と幼稚園教諭の資格のどちらもないと働くことができません。

多彩なコースや資格が選べる!

専門学校では、保育士の資格を取る授業以外にも充実したカリキュラムが用意されていることが特徴です。自分の保育観や、どんな保育士になりたいかで最適なコースを選んで学べます。体調不良になった子供や、病気を抱えている子供を対象にした病児保育は、一般的な保育とはまた異なった専門的な知識がスキルが求められます。病児保育に特化したコースがある専門学校なら、漢語と保育について理解を深めることができるでしょう。また、最近はおもちゃを通して子供の発達を促すという教育も重視されています。音楽を活かしたリトミックという教育法や、食育に関した学びたい人向けのコースがある学校もあるので、自分の行きたい専門学校のコース内容をよく確かめましょう。

実習や就職もサポート

専門学校では教育実習先もたくさんある保育園から選べますし、就職も担当職員がサポートしてくれます。就職先の選び方や面接対策など、しっかりサポートしてくれるので安心ですね。

保育士の求人を大阪で募集するのはとても有効です。大阪は都会ですので、保育士の資格を所有している人が多いです。保育園の人手不足の解消対策としてよい手段です。